top of page

第4回 チームマネジメント研修

第4回 チームマネジメント研修

12/18(日) 16:00-19:00


上司やリーダー層のマネジメント力不足が

離職の要因の一つであることは

さまざまな企業でも問題視されています


スタッフの成長を支え、

組織を強化するためにも

管理職のマネジメント力向上は必須


全4回の研修を通し

「マネジメント」について学びます


【第4回研修内容】


まずは行動目標の振り返りです


《1》1on1ミーティング


 ・面談と1on1ミーティングの違い

  目的・実施・特性


ポイントは

上司側の「進め方」と「受け答え」

定期的に開催することも大事

 

・報、連、相の重要性


上司は報連相が

徹底出来ていないメンバーに対し

「待つ」のではなく「求める」ことが必要


 ・1on1で話すテーマ

  組織レベル/個人レベル/業務レベル

  過去/現在/未来


メンバーの状況に応じた

テーマを選択する


《2》フィードバック


 ・ポジティブフィードバック

  具体的に伝える

  事実を伝える

  今後の期待を伝える


 ・ネガティブフィードバック

  具体的に伝える

  事実を伝える

  改善点を伝える

  今後の期待を伝える


 ・フィードバックの種類

  サンドウィッチ型

  SBI型

  ペンドルトン型


演習で実践に活かせるようにします♪


その時その場面で伝える

いろんなパターンを使い分けること


《3》コーチング


 ・部下の学びを深める3つの働き

  コーチング(質問力)

  ティーチング(指導力)

  フィードバック(伝達力)


 ※上記それぞれに必要なスキル

  観察力・傾聴力・承認力


新人・ベテラン問わず

状況によって使い分ける


 ・傾聴4つのスキル

  ①相づち

  ②事実フィードバック

  ③感情フィードバック

  ④要約フィードバック


連続的な相づち/マンネリ/事務的

にならないよう注意


 ・タイプ別アプローチの仕方


メンバーを知る前に

まずはセルフチェック



 ①コントローラ

 ②プロモーター

 ③サポーター

 ④アナライザー


どれが良いというものではない

環境や立場でも変わる

好むアプローチを使いながら

コミュニケーションをとっていく


 ・コーチングの流れ

  準備

  目標の明確化

  現状と目標とのギャップの明確化

  行動計画の立案

  フォローと振り返り


何を・いつまでに・どのくらい

を最低限抑える


相手から引き出す

状況やメンバーに応じてタイプを演じる

意識することによって

自分自身の引き出しも多くなる


本日で全4回にわたる

チームマネジメント研修は終了です


知識の修得だけではなく

自身を振り返り改めて認識を深める

機会にもなった今回の研修


大切なことは「行動」すること

「知っている」ではなく「やっている」こと

そして常に「できている」状態にするために

今回の学びを活かしていただたらと

思います




本日もありがとうございました✨

댓글


bottom of page