夢を叶える 睡眠マネジメント術

gd直営店研修プロジェクトVol.84

7/22(木) 17:00-18:30


1万人以上の眠りの悩みを解決してきた

睡眠のスペシャリストによる


夢を叶える

睡眠マネジメント術

健康維持には睡眠が重要!!

ということで

たくさんの方がご参加くださいました✨


【研修内容】


《1》自己紹介


 ・睡眠の講演

 ・本の執筆

 ・枕の開発、監修

 ・ゲストルームの監修


《2》夢を叶えるのに必要なこと


 ・睡眠が7時間以下の人は

  新年の目標達成率が約3割低い


 ・4時間半睡眠が5日間続くと

  うつ状態に近い脳機能低下が起こる


 ・5時間睡眠が5日間続くと

  マイナス思考になる


 ・睡眠不足のときカップルはけんかしやすく

  仲直りもしにくい


健康な体・集中力・前向き・美しい肌

全て睡眠が大きく関わっている


《3》良い睡眠・悪い睡眠


 ①寝つくのに30分以上かかる

 ②眠りが浅く、何度も目覚める

 ③起きたい時刻より早く目覚めてしまう

 ④起床時なかなか起きられない

 ⑤仕事中に眠気を感じる

      ⇩

 1つでも当てはまると睡眠に問題あり


当てはまるものありますか?



 ・良い睡眠

  深い→浅い→深い→浅いを繰り返す

  最初が深くて段々浅くなる


睡眠の深さ(質)

適度な睡眠時間(量)

バランスよく取れている


 ・悪い睡眠

  ①寝つきが悪い

  ②眠りが浅い

  ③何度も目覚める

  ④レム睡眠が短い


《4》睡眠不足による経済損失


日本は年間約15兆円


 ・ウイルス感染率

 ・肥満

 ・高血圧

 ・うつ症状


7~8時間が最もリスクが低い


6時間睡眠を2週間続けると

2晩徹夜と同程度に脳機能は低下する


 ・睡眠時間とパフォーマンス

  7時間睡眠→100%(実質活動時間17時間)

  6時間睡眠→90%(実質活動時間16.2時間)

  5時間睡眠→60%(実質活動時間11.4時間)


しっかり睡眠をとると

時間に余裕ができる


《5》睡眠メソッド10


 ①決まった時刻に起床して

  太陽光を浴びて食事をとる


 ・太陽光の役割

  体内時計のリセット

  メラトニンの分泌を止めて眠気をとばす

  セロトニンの分泌が高まり元気になる

  たくさん浴びると夜間のメラトニンが増す


睡眠の軸がブレると時差ボケ状態に

規則正しいリズムで毎日睡眠をとる


 ②部屋の照明は帰宅後は暗めに

  起床後は明るく


 ③寝る前の食事は軽めに


起床後12時間以内が理想


 ④帰宅後(明け方)の入浴は

  ぬるめの湯に5分~10分


入浴で体温のメリハリをつける


 ⑤ストレッチや呼吸法でリラックス


みんなで実践してみました



 ・4-7-8呼吸法

 ・頭に「ん~」を響かせる

 ・カウントダウン法


 ⑥帰宅後は早めに寝る


 ・最初の20分→やりたいことをやる

 ・次の20分→衛生管理

 ・最後の20分→リラクゼーション


寝る前の1時間を有意義に過ごす


 ⑦体に合った枕を使う


 ⑧お酒、タバコ、カフェイン

  寝床スマホはNG


 ・脂質、タンパク質、食物繊維を

  アルコールを飲む前に摂る


 ・お酒と交互に同量の水を飲む


 ・ノンアルコールビールは

  眠りの質を上げる


 ⑨眠れなかったら寝床から出る


寝床=寝る場所

脳の条件付けが大切


 ⑩起きる時刻を意識する


《6》ホストの睡眠例


《7》安眠と快眠の違い


 ・安眠→疲れをとるための眠り

 ・快眠→明日へのパワーを得る眠り


睡眠は明日のための積極的行動


などなど

盛りだくさんの90分


睡眠の大切さを改めて

学ぶことができました♪




本日もありがとうございました✨


↓研修の詳しいご案内